Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

Web ブラウザ上で USDZ ファイルをつくる

ブラウザ上で 3D モデルを作成できる Vectary が USDZ 書き出しに対応した様なのでご紹介。

www.vectary.com

 

さっそくつくってみる

Web ページにアクセスし、「Start designing for free」を押しアカウントの作成。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191026p:plain

 

ダッシュボードが表示される。

上に表示されているテンプレートの使用ができるが、 今回は「Create 3D design」で空のプロジェクトファイルを作成。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191050p:plain

 

プロジェクトが開かれると下部に 3D モデルの素材が表示される。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191112p:plain

 

そこから選んでも良いのだが、今回はモデルデータをインポートする。

ちなみにビューポートのカメラ操作は以下の様な感じ

振る舞い 操作
回転 option(alt) + 左ボタンを押しながらドラッグ
移動 option(alt) + 右ボタンを押しながらドラッグ
ズーム マウスホイール or トラックパッドで2本指上下

 

他の操作に関しては 3DCG のツールやゲームエンジンの使用経験があるとなんとなくわかると思われる。

 

左上のハンバーガーメニューを押して、import を押してモデルデータをドラッグ&ドロップ。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191146p:plain

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191154p:plain

gltf、obj、dae や jpg、png、svg を読み込むことができる。

ここでは、Blender でおなじみのお猿さんを obj 経由でインポートして見た。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191219p:plain

 

右上の Rendered のスイッチをオンにすると HDR 考慮したレンダリングがブラウザ上でできる。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191233p:plain

 

準備が整ったので、左下の Export で 3D のタブを押して、USDZ をクリック。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191258p:plain

USDZ を生成すると HTML のコードを含む Web ページの URL がメールで飛んでくる。

 

ちなみに、プロジェクトの自動保存はしてくれるようだが、心配であればハンバーガーメニューの「Back to My Project」をクリック。
プロジェクトを保存するかしないかを促すモーダルが出るのでそこで Save ボタンを押す。

 

HTML を設定して見る

メールから飛んだ先のページにあった a タグを設定し HTML を作成。 iOS 12 の iPhone X で表示したみた。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920181853j:plain

 

タップすると AR のクイックルックが表示され、上部の AR タブをタップすると現実世界に先ほど作成した 3D モデルが表示される。

f:id:x67x6fx74x6f:20180920191926p:plain

 

まとめ

Twitter で Vectary さんのアカウントでいいねいただいて、このサイトを知ったがジオメトリの変更など、わりとモデリングをすることができる面白いサイトだと感じた。
USDZ の書き出し以外にも普通に利用できそうではある。

スポンサーリンク