Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その13 - Scene Editor での Utilities エリア

ひとまず、以前作成した scn ファイルを元に Utilities エリア を軽く確認してみる。 Utilities エリアには Source Editor や Interface Builder と同様に 上部にインスペクタと下部にライブラリと分けられている。 インスペクタ Utilities には7つのタブが…

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その12 - Scene Editor の UI

ざっくり Scene Editor の UI や操作周りご紹介。 Xcode 9 で若干設定項目が増えるけど。 SceneKit の Scene Editor で扱えるものは dae、obj、abc(alembic)などのオブジェクトファイルと パーティクル専用の scnp とシーンファイルである scn。 scn での…

ARKit、深度情報、物体認識、そこに現れる世界

ARKit と深度情報が組み合わされると Kinect や HoloLens のような体験が可能になる。 では、そこに物体認識ができるようになったらどうなるだろう。 その前に物体を認識するとは何か iOS では過去にプライベート API の OpenCL を使用した顔認識がある。 以…

Apple の ARKit は戦略よりも技術がすごい

元ネタ japanese.engadget.com 特別なハードウエアを使って高精度 AR を実現 まず、Apple A シリーズの動作が化け物で、他の ARM の SoC が周回遅れな感があり。 センサー類の動作も素晴らしく、ARKit の可能にしているのは Metal 2 のおかげだと思われる。 …

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その11 - Scene Editor を使ってみる

今まではコードから SCNScene のクラスを使用してシーンを作成していたが、SceneKit にはもう1つ作成方法があり今回はそちらのご紹介。 Xcode に Scene Editor というツールがあり、Unity のエディタのようなもの。 オブジェクトを視覚的置いたり、アニメー…

Apple とこれからの AR

適当に思いついたことまとめ ARKit に関しての Human Interface Guidelines がまだないので Apple にも AR は検討状態な感はあり伸び代がありそうな予感。 現状、近い将来にでもできそうなこと Apple Pencil による現実落書き 音声による何らの現実変更 、音…

新しい iPad Pro、それはミドルレンジ以上のラップトップであり、現状最良のゲーミングタブレットである

ハード面から見てみる。 CPU まずは A10X Fusion(以下, A10X)の CPU スペック。 他のサイトで言われているように周波数は iPhone 7 / 7Plus の A10 Fusion (以下, A10) と同じぐらいで、メモリは 4GB に。 L2キャッシュ も2倍以上増えているため、L1 ほど…

スポンサーリンク