Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

iPhone と Reality Composer で始める簡単 AR その9 - オブジェクトの追加(矢印)編

今回は画面上部「+」ボタンから追加可能な矢印のオブジェクトについて。
使用できるものは3タイプあるがプロパティのパラメーターが違うだけで、同じオブジェクトである。

前回同様、位置、回転、拡大縮小、素材と素材の色については割愛。

 

種類

大きく分けて平面の矢印に厚みをつけたものと円錐と円柱で立体的な2種類ある。

さらに形状の変更が6種類あり、先端と終端でそれぞれ4種類形状変更ができる。

 

矢印の形状の設定

図形

  • ストレート
  • Uターン
  • 90°で曲がる
  • 一重の円形
  • 二重の円形
  • 三重の円形

 

プロフィール

  • 円形
  • 矩形

 

以下、図形とプロフィールの各パターンを設定したもの。

 

顔の形(先端)、テールの形(終端)

  • 矩形
  • とがっている
  • 丸い
  • なし

 

以下は終端を矩形、とがっている、丸いにしたもの。

 

その他パラメータのデフォルト値

長さとインデントはは棒状の部分の長さと太さ、幅は全体の横幅。
ヘッドの長さと奥行き円状になっているものでは設定できない。

 

  • 長さ 8cm
  • インデント 25%
  • 幅 25%

 

  • ヘッドの長さ 25%
  • 奥行き 1cm

 

「変更」ボタンで編集できるプロパティ

円状では幅、長さ、
矩形では幅、長さと奥行きが変更できる青色のハンドラーが表示され編集することができる。

 

まとめ

このオブジェクトを使用すると AR 空間上に何かに指し示すことができる。
前回のテキストの 3D と合わせると表現が増えそう。

と書きつつ、
次回はテキストと矢印を併せ持った意味を持つコールアウト(吹き出し)について。

スポンサーリンク