Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

SIM フリーの iPhone XS を売りに行ったら SoftBank さんのネットワーク利用制限が ▲ だった

f:id:x67x6fx74x6f:20190929164619p:plain

面白いことがあったので書き留めておく。
今回、端末買取の際の登場人物では誰一人悪くないところがすごい。

結論としては今回の SIM Free iPhone XS に関しては SoftBank さんのネットワーク利用制限を解除できなかった。
(正確にいうと方法がわからなかった)

ちなみに自分は宗教上の理由で SoftBank さんの回線を現在は持っていない。

 

2019年9月25日

2018年10月28日 Apple 新宿にて iPhone XS 256GB スペースグレイを購入し、iPhone 11 Pro を発売日に購入したため、夕方 iPhone XS を 近所の IOSYS さんに買い取ってもらいに行く。

査定時に事件が発生し、SIM フリーの端末なのに SoftBank さんのネットワーク利用制限が ▲ になっているとのこと。
通常、6万強で買取できるが、ネットワーク利用制限がかかっているので5万円くらい。
買取価格はどうでも良く、どうしてそうなっているの知りたかったので買取をやめ、Apple 新宿に向かう。

Apple 新宿でスタッフさんをひっ捕まえてことを話したら、その様な状況になることないとのこと。

ということで、新宿の Softbank に向かい、端末を調べてもらうと当たり前だが Softbank では契約されていないと判断された。

原因が全くわからないので、じゃんぱらさんで査定していただき状況は同じ状態。

まだ時間的にヨドバシ Akiba の SoftBank ショップが営業していたので来店。
ありがたいことに長い間調べていただいたが、商品の管理としては、自分の XS はソフトバンクのものだが、回線の契約がされていないとのこと。

IMEI で紐づいているネットワーク利用制限に関しては SoftBank さんの回線契約がないと変更できないないとのこと。
ちなみに docomo は可能。

SoftBank ショップの判断としては、Apple さんが商品登録の際に SIM Free の端末ではなく SoftBank 管理商品として登録してしまったのではないかという結論。
うちでは処理できないので Apple さんに問い合わせてくれとのこと。

順番待ちも含め所要時間、約 1.5 時間。
26日から出かける予定があったので、いったんお預け。

 

2019年9月26日

サポートアプリからこの旨のメールを投げる。

 

2019年9月27日

返信が来るがこちらでサポートできないので、他に送ってくれという内容。
どこに問い合わせたら良いかわからんので「購買/購入」という項目を選んだが、どうやら iTunes Store とかデジタルストア向けらしい。やられた。

書いたメールの内容を忘れたので、Apple 表参道でのジーニアスでの対応を28日に予約。

静岡まで行っており、そのまま新幹線で博多まで行こうとしたが気になったのでキャンセル。

 

2019年9月28日

無駄だとはわかっていたが、Apple 表参道で対応していただくが状況変わらず。
以下の診断を受ける。

f:id:x67x6fx74x6f:20190929164405p:plain

とりあえず、この現象のエスカレーションを上げてくれていることを願う。

 

2019年9月29日

こちらも無駄だと思うが、直営店である東京駅の SoftBank に行ってみたが対応できないと言われた。

八方塞がりとなったため、近所の IOSYS さんにまた買い取ってもらいに行く。
(説明ミスったので2回並んだ)

内容を説明すると商品的にはジャンクということになり買取価格は2万となった。
状況を説明すると減額になるのね。驚き。

面倒なのでそのまま売る。

もし初日の状態買い取られていたら、ネットワーク利用制限が変えられないものが結構なお値段で販売されてたわけだし、既に同じ状況のものが買い取られて売られているのかもしれない。
(状況を説明しなければわからんので)

 

気になっている点

アプリ開発的に IMEI や端末のシリアルは取れないので、購入後変更された可能性は低い。
(プライベート API なら取得可能だがアプリの審査に通らない)

となると、SoftBank ショップで言われた様に原因は購入前にある可能性が高い。

で、これが本当だと気になる点が2つある。

  • 最終的に SoftBank の管理在庫の帳尻が合わなくなる可能性
  • Apple のスタッフが在庫を入れ替えた可能性

 

管理在庫の帳尻が合わなくなるのは調整できるとは思うが、やはり1つなくなったことになるので最終的に問題が起きる。
もう1点は Apple のスタッフが、ただのヒューマンエラーか故意はわからないが、商品の入れ替えを行うことができたということになる。

悪意をもって説明すると、自分のケースの逆で SoftBank を契約している人に対して SIM Free の在庫を売ることが可能になる。
もし可能かつ意図的にやっているなら、IMEI なんて普通調べないから、売却するまでわからず悪質である。

 

回避する方法

Apple Store の裏側から商品が出され、外見ではわからないし、使用していてもわからないので、正直回避しようがない。

なので、返品できる期間内に IMEI 番号を調べてひっかかる様なら返品するしか方法がない。

 

まとめ

SIM 関連の煩わしさを回避するため付加した支払いをしているのに逆に面倒になる始末。
IIJ から回線を docomo に切り替えようかと思っているのでもうキャリアで買った方が良いかもしれない。

あと、Apple 新宿は怖すぎるので、2度と買い物できない。

 

P.S.

今回、Apple、SoftBank を巡回する際に、SoftBank の回線契約をしたことがないと言ったが、iPhone 4 までは SoftBank の契約をしていたことを思い出した。
お詫びして訂正。

スポンサーリンク