Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

2019年版の iPod touch が発表された

f:id:x67x6fx74x6f:20190529031243j:plain

A10 Fusion に変更された新しい iPod touch が発表された。
約4年ぶり。

謳い文句は、従来品より最大2倍パフォーマンス、最大3倍グラフィックスが向上し、AR 対応端末となっている。

6色展開かつ値段据え置きで、スペック上は SoC と ストレージに変更があるだけな模様。

www.apple.com

 

SoC

追記: バッテリーの問題かクロック周波数が抑えられている模様。

どうやら Single : 2700, Multi : 4700 ぐらいなスペックっぽい

www.macotakara.jp

 

A10 Fusion となっており、iPhone 7 と同様となっている。
以下、Geekbench のマルチコアで並べてみた。

Single Multi
Google Pixel 3
Snapdragon 845
2249 7772
Google Pixel 2
Snapdragon 835
1836 6060
iPhone 7
A10 Fusion
3410 5744
Google Pixel 3a
Snapdragon 670
1609 5133
iPad Pro 12.9-inch 1st
A9X
3059 5123
iPhone SE
A9
2407 4167
Google Pixel
Snapdragon 821
1625 4009

 

CPU 的には、最初の iPad Pro の A9X より速くなっている。
(Metal の性能は GPU 数が多いため A9X は A11 よりスコアが高い)

また、CPU 性能だけであれば、最初の Google Pixel や Google Pixel 3a より速く、Google Pixel 2 にほぼ近い。

GPU 性能的にも CPU に近しいものになり、iPhone 7 より画面が小さいため処理能力は高いと思われる。

 

価格(以下税別)

  • 32G ¥ 21,800
  • 128G ¥ 32,800
  • 256G ¥ 43,800

 

この端末を出した狙い

需要を考えている 

以前の iPad touch の端末のサポートが切れることと、iPhone や iPad の価格が高騰しているため開発向けの意味合いもあるだろう。
教育や業務用の端末として使用されているケースがまだあり、これらを考えるとまだ需要があるのだろう。

 

AR を進めていきたい

今年のラインナップで AR を推すのであれば A9 以前のチップを一掃したいのではと思わないでもない。
(そうなるのであれば噂されていない Apple TV HD も消えることになる)

 

Apple Arcade などゲーム発展させたい

A10 Fusion は 2 世代前のハイエンドと同じようなスペックを持ち、Android では1世代前に近いスペックを持つため十分使用できるだろう。

もしかすると、Apple Arcade の最低スペックが A10 なのかもしれない。

 

Apple TV+ などの再生端末として

端末自体での再生や AirPlay での再生が予想される。

海外では TV に AirPlay をサポートし始めたものが出るらしいので、Apple TV を使用したり間に挟まず、この端末から TV で再生する流れもありうる。

 

同スペックの iPhone 7 との比較

現状の iPhone 7 が以下の価格で、価格差が ¥29,000。

  • 32G ¥ 50,800
  • 128G ¥ 61,800

画面解像度、カメラ性能、セルラー回線、GPS、Touch ID、Suica(FeliCa)が使え CPU スペックが抑えられているため、
正直なところ、iPhone 7 の方が価格差以上の機能はあると思っている。

 

まとめ

ゲームなどで iOS の端末が使いたい、開発向けなどにはよい端末だと思われる。

個人的には A10 系と A11 以降で GPU の機能が異るので、A11 にしてもらかった。

いい加減 Touch ID を実装してほしいところではある。

スポンサーリンク