Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

15インチ MacBook Pro の GPU を Vega 16、20 に変更するべきか否か

f:id:x67x6fx74x6f:20181115183610j:plain

現状では、まだベンチマークが出ていないので予想程度。
以下の価格表記は税別。

基本的に Apple は価格差と性能差を合わせてくるので、Blackmagic eGPU の Radeon Pro 580 より速くはならないと思っている。(と、思いたい)
なので、Blackmagic eGPU を買ってしまった人も 安心? な気はする?

また、15インチ MacBook Pro でも、
第8世代の 2.6GHz 6コア Intel Core i7 プ‍ロ‍セッサ SSD 512 モデルからのカスタマイズしかできないので注意。
¥302,800 からなのでそれなりのお値段がする。

 

価格

  • Radeon Pro Vega 16 +¥27,500
  • Radeon Pro Vega 20 +¥38,500

20 は 16 の 1.4 倍という価格差。

 

スペック

このモデルの Radeon Pro 560 より 60% 向上とのこと。
RX 560 と RX 580 差が 120% ぐらいなので。
Vega 20 がだいたい 580 との中間なのではというところ。

gpu.userbenchmark.com

 

Impress さんの記事ではスペックが書かれており、
Radeon RX Vega M GH に近い形となっている。 pc.watch.impress.co.jp

 

Compute Unit は 16 から 20 は 1.25 倍なので、 16 は 48 %の向上となるだろう。

コスト的に考えると 11,000 円の差なので Vega 20 を選択してもよいと思われる。

 

まとめ

構成をまとめてみる。

ハード構成 価格
15inch i7 + Vega 16 330,300
15inch i7 + Vega 20 341,300
15inch i7 + Blackmagic eGPU 392,600
15inch i7 + Blackmagic eGPU Pro 451,800

 

15inch i7 で、メモリ 32 GB、1TB ストレージにすると +88,000円。
それに Blackmagic eGPU や eGPU Pro を足すなら、558,800 円の iMac Pro 8コア + Vega 56 に近くなってしまうので注意。

 

持ち運びでそこそこの GPU パワーが必要な場合に Vega 16, 20 を選択することになるだろう。

性能とコストを考えると 13inch や安い 15inch と eGPU を足した方が良さそう。
家や職場に eGPU を置ける人向け。

eGPU Pro は Thunderbolt 3 / USB-C の制限があるので、正直、あまりオススメできない。

 

個人的には iMac Pro + iPad Pro の構成が良いのではないかと思われる。
かなり高いけど。

スポンサーリンク