Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

Xcode 10 での Scene Editor の変更

地味に UI が変更されたので、変更内容を見てゆく。
(Xcode 9 で追加されたものが混じっていたらすまない)

f:id:x67x6fx74x6f:20180928175831p:plain  

Object Library

今まで右下のボタンや「Command + Option + Control + 3」で表示していたが、
該当部分とショートカットキーがなくなった。

ヘッダーの Standard Editor のボタンの左横に Object Library のボタンができ、長押しで Media Library と切り替えができる。
ショートカットキーは Command + Shift + L。

f:id:x67x6fx74x6f:20180928175857p:plain

 

Object Library は以前のように右側のグリッドのアイコンのボタンを押すとグリッド表示になる。

f:id:x67x6fx74x6f:20180928175955p:plain

 

Viewport 下部のボタン

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180015p:plain

ボタンの位置と機能追加、メニューバーのアプリケーションメニュー の Editor にあったものが追加された。 左から順に見てゆく。

左端 Scene Graph View と 右端 Secondary Editor の表示/非表示用ボタンの振る舞いは変わっていないので割愛。

 

カメラ設定

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180206p:plain

Viewport のデフォルトのカメラである Perspective が1番上に上がり、若干レイアウトが変更された。

 

カメラを追加した際は以前と同様に1番下に出る。
追加されても表示されない場合はシーンファイルを開き直す。

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180032p:plain

 

ちなみに追加したカメラに他のカメラの設定をコピーしたい場合は Attributes Inspector () の「Use current camera settings」を押す。

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180310p:plain

 

再生ボタン

再生ボタンを押すとシーンに設定されているファイルのアニメーションデータ、物理アニメーション、パーティクル、Action、シェーダーなどが再生される。 再生後、一時停止と停止のボタンが表示されるように変更された。

 

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180106p:plain

右から、再生、一時停止と停止、再開と停止のボタン

 

カメラコントロール

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180327p:plain

Xcode 9 と変わらないがアイコンがついた。 基本的な振る舞いは Viewport でクリック + 移動で回転、option を押しながら クリック + 移動 で XY軸移動、 マウスホイールやトラックパッドのピンチイン・アウトでズーム(Z軸移動)

カメラ 機能
Fly キーボードの W, A, S, D で Viewport の座標から上下左右移動できる
Turntable Viewport の中心から回転する。Z軸での回転は行われない
Arcball 選択したノードの中心から回転する。選択されていなければ Viewport が中心。Z軸も回転する
Pan クリック + 移動で上下左右方向の移動をする。そのため回転はできない。他の option を押しながら クリック + 移動と同じ状態
Truck クリック + 移動で上下方向とZ舳の移動をする。そのため回転はできない

 

マニュピレーター

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180345p:plain

マニュピレーターの操作表示は移動と回転が一緒のものだったが、移動か回転のみにして表示できるようになった。

マニュピレーターの空間座標の設定は以前と同じ。

 

Viewport サイズ

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180402p:plain

Viewport の大きさを端末のランドスケープとポートフォリオ状態の比率で確認できるようになった。
SCNView を画面いっぱいに広げた状態なので、タブやナビゲーションバーがある場合は異なるので注意。

 

Rendering / Visibility

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180422p:plain

以前はツールバーの Editor にあったもの。

バウンディングボックスやワイヤーフレーム、デフォルトライトのオン/オフ、カメラやライトなど各種機能をワイアーフレームで表示する。

 

Scene Graph View

下の歯車のボタンに Focus Selection や Hide Selection が追加されている。
また、フィルターでライト、カメラ、パーティクル、ジオメトリごとでさらにフィルタリングできるようになった。

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180445p:plain

 

ツールバーの Editor

Create と Align が追加。 Create はライト、カメラ、パーティクル、ジオメトリなどをシーンに追加し、Align は選択したノードを X, Y, Z 軸の平均で整列する。

 

Editor の全項目

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180545p:plain f:id:x67x6fx74x6f:20180928180608p:plainf:id:x67x6fx74x6f:20180928180548p:plain f:id:x67x6fx74x6f:20180928180524p:plain f:id:x67x6fx74x6f:20180928180611p:plain f:id:x67x6fx74x6f:20180928180605p:plain f:id:x67x6fx74x6f:20180928180542p:plain f:id:x67x6fx74x6f:20180928180614p:plain

   

Viewport の右クリック

上記にあったものが追加されている。

f:id:x67x6fx74x6f:20180928180923p:plain

 

Scene Inspector の Background や Environment で Procedual Sky

ちゃんと表示されるようになった。

過去記事参照

 

まとめ

iOS SDK 12 では SceneKit の追加はほぼなかったが、Scene Editor の方は使いやすく更新がなされている。

地味な変更だかこれからも頑張ってほしい。

スポンサーリンク