Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その54 - Scene Editor の Geometory / Material の Unshare ボタンとは?

Scene Editor でコピーされたノードは負荷低減のため、
基本的には使い回しできるようになっている。

 

Geometory の Unshare ボタン

そのため、Text(SCNText)で文字を書き、そのノードを Command + C, V などで コピー&ペーストし、 コピーした Text の文字を変えるとコピー元も変更されてしまう。

その際、Attributes Inspector (Command + Option + 4) の下の方にある「Unshare」ボタンを押すと、 コピー元のジオメトリと共有が外れ、文字を変更した方の Text の文字だけ変わる。

f:id:x67x6fx74x6f:20170808112517g:plain

 

Material の Unshare ボタン

同様にコピーしたジオメトリのマテリアルも共有されており、マテリアルを変更するとコピー元も変わってしまう。

こちらも Material Inspector (Command + Option + 5) の「Unshare」ボタンを押して、共有を外すことで異なるマテリアルのパラメーターを設定できる。

f:id:x67x6fx74x6f:20170808112436g:plain

 

一応、Materials で列挙されているものを選択し「-」ボタンを押して、「+」ボタンを押すと新しいマテリアル設定できる。

f:id:x67x6fx74x6f:20170808112422p:plain

 

ちなみに、iOS 11 ではマテリアルのオーバーライドができるため、
他のジオメトリで共有しつつ、マテリアルの一部だけ変更することができる。

 

今回はここまで

スポンサーリンク