読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

Windows 10 から macOS sierra に移行した時に覚えておきたいショートカット、機能

control が command となっており、
command + C でコピー、command + X で切り取り、command + V でペースト、
command + A で全選択、command + Z で取り消し、
command + S の保存、command + tab でアプリの切り替えなどはかわらないが、
Windows での操作では利かない動作があるのでご紹介。

 

ファイル選択して enter キーを押してもファイルが開かない。

Mac の場合、ファイルやフォルダのリネームになるので、
command + O を押す。

 

ファイル選択して delete キーを押してもゴミ箱に行かない。

command + delete キー
command + option + delete キーで削除となる。

 

ゴミ箱を空にしたい。

command + shift + delete キー

 

全体的に検索したい (Windows キー + F)

command + space キー

 

ファイルやフォルダの情報が見たい

command + i

複数選択してこのショートカットを使うと選択した数だけ開く。
1000個ぐらい開いてしまい固まったことがある。

 

まとめて内容を表示したい場合は複数選択して

command + option + i

 

スクリーンショット

command + shift + 3 で全体。

command + shift + 4 で任意の箇所。

command + shift + 4 を押した後にスペースキー
ウインドウを選択しクリックでスクリーンショットを撮る。

スペースキー後 option とクリックでウィンドウの影が消せる。

 

重なっているウインドを広げて確認したい

control + 上カーソルキー

クリックすると前面に出る。

 

ウインドウのスナップ

標準機能ではない。

アプリを利用する。

Magnet マグネット

Magnet マグネット

  • CrowdCafé
  • 仕事効率化
  • ¥120

 

Dock を選択、カーソルキーで移動させたい

control + F3 (環境によっては Fn キーも)

左右キーで移動、上で右クリックの表示、enter でアプリ起動。

 

ファイルやフォルダのパスを知りたい

選択後、command + Alt + C でコピーしテキストエディタなどにペーストする。

もしくはフォルダーの場合だが FinderPath を使うのも良い。

bahoom.com

上のアプリ、そのままだと使えないので、
システム環境設定のセキュリティとプライバシーをクリックし、
プライバシータブのアクセシビリティから許可のチェックを入れる。

 

パスを入力してそのフォルダに移動したい

Finder で command + shift + G を押し、入力して、移動ボタンを押す。
上記の FinderPath でも可能。

 

他の仮想デスクトップ移動したい

control + 左右キー

仮想デスクトップがない場合は動作しない。
control + 上キーをクリックして右の「+」ボタンを押して増やすべし。

ちなみに新規の仮想デスクトップや
使わなくなった仮想デスクトップの削除のショートカットはない。

 

クリップボードの内容が知りたい

テキストだけだが、Finder のメニューの「編集」のクリップボードを表示で確認できる。

 

キーボードで操作したい

デフォルトだと
ポインティングデバイスだけでしか操作できないものがある。 以下の操作で Tab キーでアラートのボタン等移動できるようになる。

「システム環境設定」アプリを起動し、 キーボードクリック。
「ショートカット」のタブの「キーボード」の項目をクリックし、
「Tabの操作操作対象を変更する」にチェック。
下にある「すべてのコントロール」を選択する。

 

キーボードシュートカットを変更したい。

上記のショートカットのタブである程度の機能は変えられる。
ただ、一部システムで使用できないキーがある。

 

アプリの強制終了

command + option + esc

リストが出るので応答しなくなったアプリを選択して終了させる。

 

スポンサーリンク