読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

Apple A10X を予想する

雑記 SoC

Geekbench のベンチマークからの推測
iOS Benchmarks - Geekbench Browser

iPhone

端末 チップ名 周波数 シングルコア デュアルコア
iPhone 7 Apple A10 Fusion 2.3 GHz 3293 5369
iPhone 6s Apple A9 1.8 GHz 2369 3964
iPhone 6 Apple A8 1.4 GHz 1465 2445
iPhone 5s Apple A7 1.3 GHz 1205 2009

 

iPad

端末 チップ名 周波数 シングルコア デュアルコア
iPad Pro (9.7-inch) Apple A9X 2.3 GHz 2934 4729
iPad Air 2 Apple A8X 1.5 GHz 1782 3978
iPad Air Apple A7 1.4 GHz 1308 2190

 

変遷

iPhone

端末 周波数 シングルコア デュアルコア
A7 → A8 1.08 倍 1.22 倍 1.22 倍
A8 → A9 1.28 倍 1.61 倍 1.62 倍
A9 → A10 Fusion 1.27 倍 1.39 倍 1.35 倍

 

iPad

チップ 周波数 シングルコア デュアルコア
A7 → A8X 1.07 倍 1.36 倍 1.81 倍
A8X → A9X 1.53 倍 1.64 倍 1.18 倍

 

 

正直、わからん!

 

とりあえず、iPhone の伸び率が同じぐらいなので、その伸び率でいうと、 Geekbench のベンチマークのスコア的には、

 

以下のものと同等になってしまう。

シングルコアで
MacBook Pro (15-inch Late 2016)
Intel Core i7-6920HQ @ 2.9 GHz (4 cores)

デュアルコア
MacBook Pro (13-inch Retina Early 2013)
Intel Core i7-3540M @ 3.0 GHz (2 cores)

 

まとめ

バッテリーの問題等このスペックになるかはわからないが、 近しいものになるような予感はしている。

SoC のプロセスルール、GPU の強化、次世代のメモリーとかが使用されれば、さらに iPad の体感速度は上がるだろう。

A10 Fusion のように big.LITTLE な構成にしコア数を増やしてきても面白いし。

また、Snapdragon 835 では旧来の Windows アプリケーション(クラシック デスクトップ アプリ)が動くらしく、Photoshop を動かすデモを行っていた。
次の Windows Phone の Continuum 使用時にクラシック デスクトップ アプリが使用可能という噂もある。
(もし、スマートフォン秀丸とか使えたら面白い)

これらを踏まえると、もう一般範疇で使用されるパソコンの時代は終わりそうな勢いである。
もしくは、MacApple A シリーズのチップが載るというところ。

面白くなってきていると思われる。

スポンサーリンク