Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

Swift で Touch Bar 開発 - ラベルを張り付ける

そのままでは動かなくなったので、
新しい方の記事を参照

appleengine.hatenablog.com

 

以下、過去記事

 


 

とりあえず、タッチバーにラベルを貼るだけのアプリを作成してみたいと思う。

f:id:x67x6fx74x6f:20161102184156p:plain

シミュレータを使用するのでここ最近の Mac なら使用できるはず。

 

下準備

2016/11/02 現在では以下のバージョンの macOSXcode が必要。

  • macOS 10.12.1 build 12B2657 以上
  • Xcode 8.1 (8B62) 以上

 

まずは App ストアから最新の macOSXcode をインストール。

罠としてはストアの macOS ではタッチバーのシミュレータは動作しない可能性がある。
Xcode 起動後、メニューバーの Widnow に Show Touch Bar が出なければ、 https://support.apple.com/kb/dl1897 から macOS 10.12.1 build 12B2657 をダウンロード。

terminal で sw_vers を入力して表示されるビルドナンバーが 16B2555 となっていても、
上記のものをインストールしないと Show Touch Bar が表示されない場合があるので注意。

f:id:x67x6fx74x6f:20161102184330p:plain

これで下準備完了。 Show Touch Bar を押すとシミュレータが起動する。

 

コードの振る舞い

どうやら、NSWindowController が起点となっており、
NSWindowController の makeTouchBar() メソッドをオーバーライドして NSTouchBar を設定し、
デリゲートで中身を設定する模様。

また、ViewController の方でも設定可能っぽい。

タッチバーや、タッチバーに表示するアイテムには識別用の名前が必要らしく、Apple のサンプルだとアプリ名 + アイテム名という形になっている。

 

開発

Xcode から新規プロジェクトで macOS タブの Cocoa アプリを選択。
適当な名前を付けプロジェクトを作成。

まず初めにプロジェクト設定の macOS Deployment Target を 10.12.1 で手で入力。
候補が出ないので。
現状、このバージョンを入力しないとビルドできない。

f:id:x67x6fx74x6f:20161102184234p:plain

 

コードを書く
NSWindowController

今回は面倒なので、最初からある ViewController.swift に書く。

class ViewController の上に以下を書いてみた。

class WindowController: NSWindowController {
    
    override func windowDidLoad() {
        super.windowDidLoad()
        
    }
    
    override func makeTouchBar() -> NSTouchBar? {
        
        let touchBarIdenitifier = NSTouchBarCustomizationIdentifier(rawValue: "com.tb.TestToolBar")
        let touchBarLabelIdentifier = NSTouchBarItemIdentifier(rawValue: "com.tb.TestToolBar.label")
        
        let touchBar = NSTouchBar()
        touchBar.delegate = self
        touchBar.customizationIdentifier = touchBarIdenitifier
        touchBar.defaultItemIdentifiers = [touchBarLabelIdentifier, .fixedSpaceLarge, .otherItemsProxy]
        touchBar.customizationAllowedItemIdentifiers = [touchBarLabelIdentifier]
        
        return touchBar
    }
}

 

基本は NSTouchBar に識別名を設定し、そのデリゲートを設定して返すだけ。

今回は面倒なので、識別名は makeTouchBar() に touchBarIdenitifier、touchBarLabelIdentifier を書いている。
Apple のサンプルだと、fileprivate extension NSTouchBarCustomizationIdentifier 等の中で使っていて、本来はこちらの方がよいと思われる。

 

NSTouchBar のデリゲート設定

デリゲートを設定しているので、以下のものをどこかに書く。

extension WindowController: NSTouchBarDelegate {
 
    func touchBar(_ touchBar: NSTouchBar, makeItemForIdentifier identifier: NSTouchBarItemIdentifier) -> NSTouchBarItem? {

        if identifier.rawValue == "com.tb.TestToolBar.label" {
            let custom = NSCustomTouchBarItem(identifier: identifier)
            custom.customizationLabel = "Label"
            
            let label = NSTextField.init(labelWithString: "はろー わーるど!")
            custom.view = label
            
            return custom
        }
        
        return nil
    }
}

 

見ての通り touchBar() メソッドで識別名を調べて設定し、ラベルを Touch Bar の view に設定している。

view なので、ボタンやスライダー、カラーピッカー、画像、セグメントボタンなどいろいろ設定可能。
もちろんのことだが、Touch Bar のボタン等に target でメイン画面での振る舞いと紐づければ、Touch Bar からアプリの操作もできる。

また、タッチイベントが取れるので、Apple のデモのように Final Cut Pro のタイムラインや、DJ ソフトの波形の指で左右に移動でする UI を使用できる。

 

一応、ViewController 全コードのスクショ。

f:id:x67x6fx74x6f:20161102184511p:plain

 

Storyboard の設定

あとは Storyboard の MSWindowController の Class を先ほどつくった WindowController クラスを設定する。

f:id:x67x6fx74x6f:20161102184425p:plain

ビルドすると Touch Bar にラベルが表示されるはず。

 

これで触りを知ることができたと思われる。
いろいろ説明を省略しているので公式サイトの情報を見てほしい。

Touch Bar on the new MacBook Pro - Apple Developer

スポンサーリンク