Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

国内の iPhone のシェアと今後

残念ながら国内スマートフォン市場の出荷台数は減少傾向にあり、頭打ちであり、一般向けも ビジネス向けも、すでに渡り切ったこととなる。

IDC によると国内スマートフォン出荷台数は前年同期比 6.2%減 の 654万台となっていて、 そのままだけど前年と比べると 6.2% は新規・機種変更をしていないということとなる。

出荷台数の内訳は

  • iPhone 400万台の 12.3 %増
  • Android 252万台の 26.1%減
  • その他 2万台

正確な OS シェアはわからないのだが、kantarworldpanel.com によると iOS は 34 ~ 50% である。

また StatCounter GlobalStats のブラウザアクセスシェアによると、 年々、Android のシェアが下がっている。

日本でのスマートフォンの展開

正直今後どうなるかはわからんが、Google Pixel の国内発売がない以上、 リファレンスとなる Android 端末ないし、国内端末で Android Nougat が搭載される端末も当分先になるだろう。

今更だが iPhoneSuica が使えるようになる。
少なくとも Suica 用に Android を使用していた層は Android を使わなくなるだろう。

また、ゲームに関しては音ゲーなどまだレイテンシーがある。

たぶん Android の Daydream は他のアプリの動作を止めて動かしている可能性があるので、こちらの機能が使えれば状況は変わるかもしれない。 問題は Daydream が最近のハイエンド端末しか動かないところだろう。

 

iOS 端末優勢となるのだろうか?

iOSAndroid を凌駕しているとは言えないけど、 Suica を含めた Apple Pay での決済やスマートフォンのゲームアプリは若干のアドバンテージとなると思いたい。

きっと、iOS 10.1 で Apple Pay が動き始めるとリアルやネットの店舗で対応する必要が出てくる。
どうなるかはわからんが、対応が広まったとすると一つの流れができると思われる。

 

ぴーえす

Android Nougat にも良い機能があり、SplitView によるスマートフォンでのアプリを複数起動や、アプリをすべてはダウンロードせずに一部機能をお試しで動かすことができる Instant Apps など、iPhone にも導入してもらいたい機能はいっぱいある。

 

参照・その他

2016年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20160606Apr.html

iPhone 7/7 Plus」の初速は不振 家電量販店では2年連続マイナスに https://www.bcnretail.com/market/detail/20160930_11971.html

スポンサーリンク