Apple Engine

Apple, iPhone, iOS, その周辺のことについて

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その47 - Scene Editor の Omni Light と Attenuation

豆電球のような Omni Light の設定を見ていく。 Omni Light は設置位置によって光の影響を変化させるが、ジオメトリの影を落とすことはできない。 影は必要ないが光の影響を与えたい場合などで使用するのが良いかと思われる。 シーン設定 ひとまず、iOS Scen…

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その46 - SCNLight の共通設定

前回の書き忘れがあったのでライトの種類の前にこちらの紹介。 ライトには種類があったが、Light Probe 以外でいくつかの共通設定があるので、まずはこちらから。 Name コードで使用するための識別用の名前。 Light Probe でも使用可能。 Type ライトの種類…

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その45 - Scene Editor の Light について

今回はシーンのライトについて軽くご紹介。 シーン上には必ずライトとなるものが1つ必要となり、 SCNNode で light プロパティに SCNLight を設定するか、 以前、紹介したシーン設定の Light Environment (Image Based Lighting) を設定することで、 ジオメ…

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その44 - Scene Editor モーションブラー

実際のカメラでは速い動きを物体を撮る際、カメラ性能にもよりますが残像が出る場合があり、 それを SceneKit のカメラである SCNCamera でシミュレーション行う。 Scene Editor の パラメーター プロパティは一つのみ。 Motion Blur - Intensity 最大値を …

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その42 - Scene Editor カメラのポストプロセス

カメラとなる SCNCamara では画面描画後に簡易的な画像処理を行うことができる。 使用できる処理は以下のもの。 画面の周りを暗くするケラレ処理 ブラウン管のような色のにじみを出すカラーフリンジ 簡易的な色の調整を行うカラーグレーディング さらに複雑…

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その41 - Scene Editor カメラの Depth of Field(被写界深度)

カメラとなる SCNCamara で被写界深度のシミュレーションを行う。 実際のカメラと同様に距離でオブジェクトにピントを合わせて、 他がボケるさせる効果の設定を行う。 ちなみに、今回紹介するすべてのプロパティが macOS, tvOS, watchOS でも廃止予定で、 iO…

iOS で SceneKit を試す(Swift 3) その40 - Scene Editor カメラの HDR 設定 Part2

引き続き HDR の説明。 カメラとなる SCNCamara の HDR とは、 トーンマッピング処理を行い、シーン全体の輝度値を、ディスプレイに表示できる狭い範囲の輝度値に変換するすること。 具体的には露出調整、Bloom 効果を表現する。 また、HDR は Scene Editor …

スポンサーリンク